福岡市の整体鍼灸・整骨院、斎藤整骨院。交通事故むち打ち症や五十肩四十肩・頭痛・肩こり・膝・首・背中の痛み治療をしています。

交通事故のむち打ち症やオスグット・スポーツ外傷、
又は各種関節の痛み、症状に約30年の実績を持つ治療院です。

予約優先:0940-35-3715

当院の治療体験や口コミ情報が⇒【エキテン】で確認していただけます。

営業時間カレンダー

( 1 )  交通事故の  I  ちゃん

ある日、20前後の女の子が交通事故に遭い来院されました。
高速道路を母親の運転する車で走っていると、後続の車に強く追突され、前に1回転し、
車は大破、ムチ打ちになり負傷

当初、総合病院にかかり骨には異常がなく、数回通院する.

当院で初診の時『明日までしか来れない』との事.
事情を聞くと2〜3日後に就職で違う町に引っ越す為とか。

『お母さんが、看護師でとりあえず齊藤整骨院に行っておきなさい』と言われて、
わざわざ来てくれました。

ありがたいですね、引っ越し先の治療所なり、整形外科に行けばよいのに
1、2回の為にわざわざ来てくれるとは…
感謝です、

当然ながら精一杯、出来るだけの事はさせて頂きました。
ありがとうIちゃん、そちらでしっかり治してもらうんだよ


( 2 )   和歌山からの患者さん   I  さん

盆前と正月前には、必ず 治療を受ける為に帰省されて来ます。
帰省する目的の最大の理由は、当院に治療を受けに来る事です。
1週間〜10日前に電話が入り予約を完了させ、その予約時間を基本に 
後のスケジュールを組まれます。

当院に来られる前は、違う治療院に行かれていましたが、当院の治療があったのか、
来られるようになられてから、4〜5年になるでしょうか。

和歌山で評判の良いところ探し、行かれては?と進めても受け入れてもらえません。
しかしですが、ありがたいですね
私たちは、このような患者さん方のお陰で生活させて頂いております。


( 3 )   交通事故に遭い、症状が酷く、北九州から来られた  W  さん

直進中、側道より 一旦停止せず、かなりのスビードで当てられ
整形外科で1ヶ月程治療したが、頭が動かすのが非常に困難で夜が痛くて寝れず
睡眠不足に陥り、酷い頭痛などもあり精神的にかなりのダメージがありました。

『 なんとかして下さい』という事で,鍼を施術
鍼をした事がなく恐がっていましたが、勇気をだして受けられました。
かいあって、次の日には頭痛、夜の痛みが無くなり
W さんに大変感動して頂き、
この日は 治療家みより に尽きる 良い1日でした。


( 4 )   遠くから杖を付き来られている80代半ばの男性 N さん

20〜30メートル歩くと歩けなくなり、一度休むと また歩ける
そのような状態が十数年以上経過しており、
近くの整形外科に同じ年数位通院されてたが、診断は重度の脊柱管狭搾症と座骨神経痛で、年々症状が悪化している。

当院に来るには、自宅からバスで えびつ駅迄行き 赤間駅、そしてまたバスに乗り来られます。
腰は前に30度は前傾しています。ただ見た目よりは元気な声をされています。通常、このような場合はしっかり腰をすえて2〜3ヶ月しっかり通院してもらうのですが、
遠い為 まずは週2回で10回、円皮鍼を併用し、腰椎調整 骨盤調整をしながら様子を見る事にし、それ以降は結果次第で考えようという事にしました。

9回目の時 私は決断しました。これ以上通院して頂いても難しい、遠くだし近くで探して頂こう、その旨を告げると、『先生、先生の気持ちはわかった、だけど わしは先生に治療してほしい どんな治療でもええから、も少しやってくれんやろうか、頼りにしてるんや』と…

私は目頭が熱くなりました。
『わかりました、そしたら円皮鍼を鍼治療に代えて あと 10 回やらせてもらいます』と
N さんは納得され、喜んで帰って行かれました。

スタッフがその会話を聞いていて、
『先生、負けましたね、でも嬉しいですよね』と…。

私は 帰っていかれる後ろ姿に心で手を合わせました。
N さん、こんな私を頼ってわざわざ来て頂いて
ありがとうございます、と
『なんとかしたい、
いや、なんとかしてあげないと、いけない』
そう強く思った瞬間でした。


( 5 )   悲しいかな、整骨院の現状

中高年の女性 H さん、腰とお尻 左膝下〜足首にかけて痛みとシビレが酷く来院。
整形外科に6年間通院し、注射と飲み薬 腰の牽引をしてきたが 年々酷くなり、
とうとう2〜3日前にスーパーで歩いていたら痛みとシビレで歩けなくなり、娘さんが当院に通っていた事もあり、我慢出来ず来られました。

話しを聞くと6年前にお皿の骨を骨折し、総合病院にかかってた際、腰痛を相談したら
『整骨院には絶対いったらダメ、近くの整形外科に行きなさい』と強く言われた為、
本人は整骨院に行きたかったが 整形外科に通い続けたとの事…

お気の毒としかいいようがありません。
『こんなに酷くなる前に、せめて違う整形外科にいかれるべきでしたね』とアドバイスさせて頂きました。

ただ、昨今 整骨院はあちこちに溢れています。
そのほとんどが痛いところに電気を流し、若いスタッフにマッサージをさせるだけで治すという事には程遠く、慰安的にする整骨院があまりにも多く、
行かないように言われても仕方がないのも事実です

ただ、そのような整骨院ばかりではありません。
ひたすら治す事に貪欲に努力しているところもあるのです。

この患者さんは、
10日位から改善されていきました。治療が症状とあっていれば必ず結果は出ます。
筋肉が固くなり、体重が腰椎に余りにもかかり、腰椎 骨盤の関節の動きが悪くなり、関節の圧迫があり 神経に障害が出てたようです。
筋肉を緩め、関節を正常な範囲で動かす事でどんどん回復されました。

しかし、病院の先生が言われた、整骨院への評価には、
悔しい限りです。


( 6 )  ぎっくり腰で20〜30度位、前傾で来院された30才前後の大変綺麗な女性

後ろから見たら初老の方かな?、と思わせる状態でした。
昨日の夜から腰に少し痛みがあり、朝 車から荷物を取り出す際に 突然ぎっくり腰に。

腰から臀部まで痛み、おまけに腰が伸びず 来院。
明日もスーパーの洋服店で仕事がある為、
『仕事が出来る状態にしてほしい』との事。
私がすぐに、わかりました、というと
『え、出来るんですか?』と、疑心暗鬼

座骨神経痛も出てないし、さっき負傷したのだから 腰椎と骨盤の調整で大丈夫だろう、
と経験からくる確信がありました。

治療後
『わッ、伸びた 普通に歩ける、感激』の言葉
一度の治療で終わりました
たま〜にあります。
ただ困るのは、このような方の紹介は
『齊藤整骨院にいったら一発で治った、と聞いて来ました』と、
来られるんです

腰痛の症状は様々です
例え、診断名が腰椎椎間板ヘルニアとあってもです
出て来る症状は殆んど違っていますから、同じ治療では治らないのです。
この方は ラッキーでした。


( 7 )  口が開かず 食べ物をまともに食べれなかった 60才 前後の女性 K さん

当院に来られる1年程前から痛みが始まり
歯科の口腔外科にその頃から通院していましたが、中々改善せず 最近になって特に痛みが激しくなった為、来院されました。

当初は、顎関節症 ( 顎内障 ) よりも その影響で、首・肩が痛くて来られたのですが、顎の治療も出来ると分かると、首 肩が治り次第治療して見てほしいという事で、しばらくして その日がやって来ました。

触診してみると、咬筋と側頭筋のかなりの緊張と、側頭骨のズレがあり、
筋肉を緩めた後、側頭骨の矯正をし、 患者さんに、
『 さぁ、口を開けて見て下さい 』と指示すると、完全にその場で開いてしまったのです。
この1年間、開けられなかった口が…。
『 あー、ビックリしたぁーッ! 』。
これが 患者さんの 第一声です。

ほとんどは 一度の手技で何かの結果が出せます。特に開口困難、開口痛は、です。
この患者さんは、3〜4回は何割か戻りましたが それ以降は戻らず、治癒しました。
もちろんですが K さんには、大変喜んで頂きました。

( 8 )     非常に稀な患者さん来院

ある日 60前後の女性Tさん、右膝が痛いと言われ、右下肢を引きずって来られました。
1週間前から少しずつ痛くなり、来院する2〜3前から急激に酷くなる
膝、股関節、腰とチェックするも大きな障害は探せない。
原因もイスから立った時から痛くなるなど、大きな原因になるような問題はなし。

初回の治療を終え、4〜5回続けて来るように指示し、次の日来院。
膝はほとんど痛みは消えたが、今度は股関節の内側に痛みが出たとの事。
治療を終え、3回目来られた時はかなり足を引きずって来られた為、
話しを聞くと お花屋さんで仕事が忙しく、
長い時間 痛みを我慢して無理をした為、症状悪化
この日鍼を希望されたため鍼治療開始。
通常3〜4回でほとんど改善の兆しが出るのだが、3回しても変化がない。

これはおかしい、と思い大きな検査技術を持った病院に行くようにすすめると、
産業医大に以前かかった事があった為 次の日行かれた。
医大にかかった当日、電話があり、
『座骨に骨折がありましたー。』
私は、「えっ?」とびっくり。

病院でも それらしい原因もないし 念のためと思われ、
レントゲンをとられてビックリされたそうです。
そして何度も『しりもちを付いて強く打撲しませんでしたか?
何かで強くぶつけませんでしたか?』とか、いろいろ聞かれたそうです。
しかし、原因が見つけられず 
安静とシップで様子をみる事になり帰らされた、との事でした。

最後に T さんが、
『痛みがでる3〜4日前に同僚にそんなに強くないくらいに 骨折したところを叩かれましたが、それは関係ないですよねー?』と尋ねられ、
『えー、それが原因ですよ』と、思わず叫んでしまいました。

こんな事もあるんですね
力の方向とか、患者さんの骨の状態も少しは関係あるのかも知れませんし、
今回はいい勉強になりました。
思い込みの判断はいけない、と痛感させられました。


( 9 )   『 私はネットは信じていません! 』 と初診時に言い放たれた看護大学の先生

重度の肩凝りを伴う首、肩の痛みと頭痛、
あらゆる方向で運動痛が著明な腰痛を訴えられて来られました。
首に関しては、
頚椎の動きが悪い上に 捻れ、6番7番 のズレ
肩甲骨と肋骨の関節の動きが悪い、その他…いろいろな症状がありました。

当院に来られる前は 2つの整骨院を回って来られたそうです、
それもネットで調べて・・・・
最初の治療を終え、
『この方は、ウチにも1回で来なくなるのかなぁ 』 と思っていましたが、
帰りに受付で、次回の予約をとって帰られました。

3回目の治療の時、少し気を許してもらったのか、 話しをする事が出来、
以前に行った整骨院は余りにも何でも治す、 簡単に治る、口コミもたくさんあったりと…
それに引かれて行って見たものの、期待して行った分、
余りのギャップにショックを受けたとか。
1〜2回行って、やめたという事です。

も一つ も同じ結果だったらしいです。
では、『 どうしてウチにきたんですか? 』 と尋ねると、
『 ネットでも上位だったし、職場に行く途中だったから 』 らしいです。
その方、もう7〜8回位来られた頃だったでしょうか、
電話が入り 『予約の時間に遅れますが、見て頂けますか?』 と言われ、
職場から タクシーで来てくださいました。
とても嬉しかったです
30代 後半の 物事をはっきり言われる女性でした。


( 10 )    ロボット状態で来院された60前後の女性 A さん

小雨の午前中、新患さんが来られ、しかし
既に予約が一杯になっていて 受付に夕方にすすめられ、出直されてくるとの事。

受付にどんな状態だったか聞いて見ると、
酷く悪かったらしく、首がほとんど回ってなかったという事。
普通それだけ悪いんだったら、我慢出来ず、他院へ行くんだが… と
不思議に思っていました。

夕方になり 対面すると 数年前に来られた方でした。
少し前から背中〜首まで痛くなり、
お孫さんを抱き上げたりしてるうち 酷く悪化し、
2日前の夜からうずきで寝れず、
前日の夜は更に悪く、一睡も出来なかったそうです。

症状は 寝違いみたいな 首の回旋痛と回旋の不能、
肩凝りの酷い状態の側屈痛と側屈不能、
前屈痛と後屈痛、及び動きの不可、
いわゆる、どちらの方向にも動かせない状態でした。
頚椎の捻れも生じ、可愛いそうな状態でした。

何故ここまで こじれたかというと、
痛いのを我慢してお孫さんを抱いてたらしいです。
しかし私は、
『 A さん、続けて3回くらい治療したら 今の半分は楽になりますよ 』 と言いました。
実際、その日から毎日治療し、4回目来院された時、半分以上の症状が消えていました。

A さんは 『 先生、私は3〜4年前に 腰のヘルニアになり、座骨神経痛が酷くて動けない状態で来ました。それまで違うところで 鍼をしてたんですが改善せず、先生の鍼で治ったんです、ですから今回も絶対先生に治してもらえると思い、来たんですが、最初の時 3日位治療したら半分は楽になると言われた時は、さすがに それはないでしょう?、と思ったんですよ 』 と苦笑いされていました。

そうかぁ、それで辛いのにわざわざ出直されたんだな、と納得しました。
それにしても、良かったです、
説明した通りになって…。
この方には、特に今回の件で 当院の事を気に入ってもらえました。
ですが、まだ後日談があります。

その日、ある患者さんのカルテが朝から見当たらず、
スタッフの一人がとんでもないところから、見つけ出したたんです。
私は冗談半分で スタッフと横にいた妻に
『 しっかり管理しとかんからよ 』 というと、
二人からいっせいに 『 先生もたまーに間違えて 違う場所にカルテが入ってますよ 』
と言われた、その時、
先程の患者さん A さんがすぐ横におられたので、
私が すかさず、
『 A さんにせっかく、治療するならここがいい! と言われたのに
患者さんの前で恥をかかせたなぁーッ! 』 と切り替えすと、
A さんが大笑いされ、
『 そういう先生も いいんですよ 』 と言って下さり、
面目がたった次第であります・・・・・。

齊藤針灸院・整骨院へのお問い合わせはこちらまで

齊藤鍼灸整骨院 福岡県宗像市自由が丘西町7-76 TEL:0940-35-3715 メール:munakata-jin■wit.ocn.ne.jp